• ホーム
  • カンジダ治療薬カーネステンクリームの副作用は少ないの?

カンジダ治療薬カーネステンクリームの副作用は少ないの?

色々なウィルス

陰部や亀頭に症状がカンジダの症状があらわれたときはカーネステンクリームを活用することができますが、この治療薬は副作用が少ないと言われています。カンジダ症に効果のある治療薬には膣錠や内服タイプのものもあるのですが、それらと比較するとクリームタイプの治療薬は患部だけに塗布するので身体に影響を与える範囲がとても狭いです。内服薬などは身体全体に副作用などの影響が出てしまう可能性がありますが、塗り薬は基本的に塗った場所にしか影響があらわれないので副作用が少ないと言えます。

稀に塗り薬は副作用が起こらないと思っている人がいますが、それは間違いだと言えるでしょう。副作用自体は少ないですがカーネステンクリームのような塗り薬であっても何かしらの症状があらわれてしまうこともあり、良くある例としては発赤や炎症などをあげることができます。特に肌が弱い人は塗布した部分に赤みを生じたり腫れができてしまったりすることがあるので、あまりにひどいようであれば使用を中断することも視野に入れてください。副作用と言うほどではないかもしれませんが、患部に塗布したときに刺激を感じるケースもあります。刺激の強さがあまりにもひどいようであれば薬の成分と相性が悪い可能性があるので医師に相談しましょう。

カーネステンクリームの場合は塗布した箇所に対する発赤や炎症、刺激感以外の副作用はあまり起こりません。人によっては有効成分などにアレルギー反応を示してしまい蕁麻疹などが出てしまう場合もありますが、この場合は副作用と言うより薬に対するアレルギーなので、過去にその成分にアレルギーがあると判断されているのであれば使用しないようにしてください。これまでアレルギーと判断されていなくてもアレルギー反応を示す場合があるので、違和感を覚えたときは使用を中断して病院を受診することが大切です。

たまに発生するアレルギー反応などを除くと、ほとんどの人はカーネステンクリームで重篤な症状を引き起こしてしまうことがありません。ただし、治療薬であるからには本来の効能以外の影響が出てしまうことも忘れずに使うようにしてください。発赤や炎症などの軽い症状しかあらわれないはずですが、軽い症状であっても人によっては使用すべきではないことがあるので、様子を見ながら使用するかどうか判断しましょう。カーネステンクリームはカンジダ治療薬の中で副作用が少ないですが、いくつかの症状が起こる可能性は知っておいてください。