• ホーム
  • 妊娠中に膣カンジダに感染した場合生まれてくる赤ちゃんにも影響は出る?

妊娠中に膣カンジダに感染した場合生まれてくる赤ちゃんにも影響は出る?

妊娠中にカンジダ症を発症してしまった場合、産まれてくる赤ちゃんにも病気の影響があるのではないかと心配になってしまう人は多いでしょう。他の性病の場合は流産になってしまったり、産まれたときから赤ちゃんが重い病気を患っていたりすることがあるので心配になってもおかしくありません。膣カンジダを発症している場合も赤ちゃんに影響を与えてしまうことがありますが、流産や死産を引き起こしたり重い症状の原因となったりすることは少ないと言われています。

お母さんが膣カンジダを発症していた場合、赤ちゃんが産道を通るときに赤ちゃんがカンジダ菌に感染してしまうことはあります。ただし、それ以前に胎内で影響を受けることはないようです。ですが、産道を通るときにカンジダ菌に感染してしまうと、鵞口瘡という口の中に白いカビのようなカスが大量に付着してしまう病気になることが多くみられます。鵞口瘡になってしまうと口の中にカビのようなものができるだけではなく、口内に痛みを感じてしまい赤ちゃんがミルクを飲むことができなかったり苦しい思いをしてしまったりすることになるので注意が必要です。

死産や流産、死に至る重い病気を引き起こすわけではありませんが、妊娠中にカンジダを発症してしまった場合は早いうちに主治医に相談してどうするべきか決めていかなければなりません。治療を進めて完治すればそのまま出産できますが、場合によっては帝王切開など赤ちゃんが産道を通らない方法に切り替えたほうが良い可能性もあるので、病気に気づいたときにはすぐに相談するようにしてください。特に妊娠中はホルモンバランスの乱れや免疫機能の低下によってカンジダのような病気を引き起こしやすくなっているので、普段から病気になっていないか気を配っておくことが大切だと言えるでしょう。

妊娠中にカンジダに感染してしまった場合、産まれてくる赤ちゃんにまったく影響がないとは言えません。産道を通るときに病気がうつってしまえば鵞口瘡などの病気を発症する可能性があるので、妊娠中の病気はすぐに主治医と話し合うようにしてください。病気に気がつかなかった場合のことを考えて不安になる人もいるかもしれませんが、妊婦検診をしっかり受けていればカンジダでないかどうかもチェックしてもらえているので、妊婦検診で指摘されなかった場合は安心して良いでしょう。反対に指摘されてしまった場合は、早めに今後のことを主治医と話すようにしなければなりません。