• ホーム
  • 膣カンジダ治療薬カーネステン膣錠の使い方は本当に簡単?

膣カンジダ治療薬カーネステン膣錠の使い方は本当に簡単?

カーネステン膣錠は膣カンジダの治療に効果的な医薬品ですが、膣に入れなければならないことから使い方が難しいのではないかと懸念する人が多いです。特に性経験の少ない人や性行為を行ったことがない人は膣内に錠剤を挿入することに抵抗があるかもしれませんが、正しい使用方法を知っておけば誰でも簡単に使うことができるので安心して良いでしょう。カーネステン膣錠を使用して治療を進めたいと考えるのであれば、まずは正しいカーネステン膣錠の使い方を知ることから始めてください。

カンジダに効果的なカーネステン膣錠にはクロトリマゾールが有効成分として含まれており、就寝前に膣内に挿入することで寝ている間に治療効果が発揮されます。用法用量としては1日に1回挿入を行い、これを6日間継続して使う必要があります。カーネステン膣錠を膣内に入れるときは手と患部を清潔な状態にし、人差し指と中指で膣錠を持って膣のいちばん奥まで指で押し込みます。治療薬を入れた後は手に病原菌が付着している可能性があるので、しっかりと手洗いすることを忘れないでください。

膣錠はアプリケーターという特殊な道具を使用して入れることもできますが、性経験が少ない人はこういった道具を使用するほうが上手く挿入できないことが多いようです。アプリケーター特有の無機質な感触が苦手という人は少なくないので、アプリケーターなどを使用せずに指で挿入することがおすすめだと言えます。最近は膣錠を販売するメーカーによってはアプリケーターの使用が推奨できないとされていることもあるので、人差し指と中指を使用して差し込むようにしてください。

これまで膣錠を使用したことがない人は1度目の挿入が難しく感じてしまうかもしれませんが、1度成功すれば後は簡単に入れられるという人が多いです。薬の使い方自体はとても簡単ですし、錠剤も入れやすいサイズ感なので安心して挿入することができます。過去に膣錠タイプの薬を使用したことがなければ戸惑ってしまうかもしれませんが慣れればとても簡単な使い方の治療薬なのです。さらに、寝る前に挿入しておけば寝ている間に効果が出るということから、とても便利な薬とも考えられます。挿入することに苦手意識を持ってしまい挑戦できないという人は少なくありませんが、膣カンジダの場合はこういった直接的に働きかける治療薬でないと効果が得られないので、カーネステン膣錠の使用に挑戦してみましょう。